2009年01月02日

センダン(栴檀)


葉が落ちた後も、雪が降ってもこんなにも長く枝に実をつけています。
核は数珠玉に使われ、果実は薬用に、樹皮は苦楝皮といって駆虫剤にする。
樹皮は紫黒褐色で縦に裂けています。


昨日、出掛けたときに見かけたセンダンですが、
初夏、街中の寺院では淡紫色の花が咲いていました。


センダン



同じカテゴリー(樹木)の記事画像
食べたアボカドの種が葉をつけました!
紅葉したドウダンツツジ
鮮やかに紅葉したツタ
サンショウ(山椒) 
マユミ
ネズミモチ
同じカテゴリー(樹木)の記事
 食べたアボカドの種が葉をつけました! (2013-09-17 14:58)
 紅葉したドウダンツツジ (2009-11-27 10:17)
 鮮やかに紅葉したツタ (2009-11-13 11:45)
 サンショウ(山椒)  (2009-09-05 11:44)
 マユミ (2009-06-21 22:43)
 ネズミモチ (2009-06-21 17:58)

Posted by kurokotan at 09:02 │Comments(2)樹木
この記事へのコメント
センダンは双葉より芳し・・・のセンダンですか?
木だったのですね
なんとなく草のイメージ持ってました(^^;
Posted by サラン at 2009年01月02日 10:25
初夏にセンダンを見た時に違うと言われたような気がしましたが
はっきり分かりませんでしたのでネットで検索しました。

yahoo の辞書より・・・・

「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」 は
-----------------------
白檀(びゃくだん)は発芽のころから香気を放つ。大成する人は幼少のときからすぐれているというたとえ。 
-----------------------
発芽したばかりの二葉の頃から早くも香気を放つ意
俊才は子供のときからすぐれていることのたとえ。
-------------------------
Posted by kurokotankurokotan at 2009年01月02日 10:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。