2008年05月31日

イヌツゲ

ツゲだと思っていたのですが、本で確認してみると
花がどうも違うのでなんだろうと思っていました。

イヌツゲはツゲ科ではなく、モチノキ科だそうです。
この小さな花は2ミリくらいしかありません。


イヌツゲは雌雄異株で、これは雄株ですね。

イヌツゲ

相変わらずムクドリです。

ムクドリ  


Posted by kurokotan at 13:24Comments(0)花木

2008年05月30日

サクランボが赤く色づいて

3月下旬の気温で寒い日となっています!
予報では最高気温14度。

曇っているし、風はあるしで寒い一日です。

寒くてもさくらんぼはこんなに熟してきましたから
鳥がひっきりなしに飛んできます。

熟してきたさくらんぼとムクドリたち。

さくらんぼ

ムクドリ! 焦って撮っているためぼけてしまいました。

ムクドリ

昨夕、撮ったムクドリ

ムクドリ  


Posted by kurokotan at 16:38Comments(2)小鳥

2008年05月29日

一重のバラ

朝からの雨でぬれてしまったバラです!

5月末ですが気温もあがらず寒い一日となりそう・・・・

バラ  
タグ :バラ


Posted by kurokotan at 10:38Comments(0)

2008年05月28日

この鳥はなんでしょう?

くちばしと脚はオレンジ色になっています。

ブログをご覧になった方からムクドリではないかと教えていただきました。


サクランボが色づいてきましたので鳥が来るようになりました。
家の中から撮っています。

小鳥

ウグイスカグラの実ですがこんなに熟してきました。
食べてみましたが薄い甘さというところでししょうか・・・

ウグイスカグラ



  


Posted by kurokotan at 10:44Comments(6)小鳥

2008年05月27日

ドクダミ (別名 十薬)

白い所が花弁かと思いましたがドクダミには花弁がないことが分かりました。
この白い4枚は総包片なんだそうです。中心にある黄色の部分が花の穂です。

ドクダミは抜いたりなどするとすごい匂いが漂います。
これを陰干し、乾燥することで匂いはなくなるそうです。

ドクダミは別名十薬と言われますが
乾燥したものが漢方薬で用いられる「十薬」なのだそうです。

ドクダミ   ドクダミ科

ドクダミ



  


Posted by kurokotan at 10:27Comments(0)

2008年05月26日

ヒメニッコウキスゲ

土湯温泉観光協会周辺に多く置かれています!
その花と同じだと思いますのでヒメニッコウキスゲと
しました。

本日咲いたところと昨朝のつぼみです。

ヒメニッコウキスゲ


雨に濡れているつぼみ

ヒメニッコウキスゲ  


Posted by kurokotan at 09:02Comments(0)

2008年05月25日

ハコネウツギ(箱根空木)

このハコネウツギの花は最初開いた時は白色で
次第に濃い赤色に変化していきます。
まだ、花色の変化は途中です。

大きくなりすぎたため、木を1m位に
切ってしまったために花数が少ないです。

スイカズラ科

ハコネウツギ  


Posted by kurokotan at 09:43Comments(0)樹木

2008年05月24日

ツルマンネングサ(蔓万年草)

この花はどこでも見かけますね。 

我が家にもあちこちで見かけました。柔らかい感じですぐに引き抜けます。

よく似た花が多そうですが、葉が3枚ずつ輪生しているところを確認。
写真上部にその部分が、右側の白い蕾はドクダミです。

ツルマンネングサ ベンケイソウ科

  


Posted by kurokotan at 09:28Comments(2)

2008年05月23日

シラー・ペルビアナ (大蔓穂)

和名は「オオツルボ(大蔓穂)」

草丈は20センチほど。花茎の先に星状の花序をつけ、
小さな花をいっぱいに咲かせます。

ユリ科 ツルボ属 多年草

アガパンサスに似ていますね!
最初、そうかと思い教えていただきわかりました。

シラー・ペルビアナ  


Posted by kurokotan at 11:19Comments(0)

2008年05月22日

ムラサキツユクサ

昆虫が蜜を・・・・

この花だけが小さいのでムラサキツユクサで
他の白色と紫色は花も葉も大きいので
オオムラサキツユクサではないかと思います。

違いがよく分からず、ムラサキツユクサとしているものもあります。

ムラサキツユクサ  


Posted by kurokotan at 10:14Comments(0)